2023年1月18日水曜日

SDHの聴取項目HEALTH+Pの策定


原著論文がSTFMの雑誌PRiMERから出版されました。


Assessing Social Circumstances in Primary Care: Expert Consensus via Delphi Technique


以前より、社会的バイタルサインという考え方を用いて、患者の社会的背景の聴取、評価をしてみてはどうか、という提案を各媒体でしております。

その際に、「HEALTH+P」という略語を使って、聴取すべき項目を提案しておりました。ですが、この項目は臨床上の経験をもとに定めたもので、科学的な妥当性がないことが課題になっていました。

そこで、デルファイ法という方法を用いて、当事者を含む多様な意見を集約し、新しいHEALTH +Pを策定しました。


新しい項目は以下の通りです。

Human network and relationships 人間関係

Economic condition and Employment 経済状況、仕事

Access to health care and other service ヘルスケア、その他サービスへのアクセス

Living a daily life and Leisure time 日常生活、余暇、楽しみ

Total physiological needs, Tool and Technology 衣食住、車や携帯電話などの生活ツール

History of the patient's life 生活史(小児期の経験や教育環境を含む)

Patient's Preference and values 価値観


すでに旧来のHEALTH+Pを臨床でお使いいただいている場合は、そのままで問題ないと思います。そもそも、完全なSDHスクリーニングは原理上ありえませんので。

もし、新たに項目を使った診療を考えていたり、論文等で使用したりするときには、こちらを利用していただくこともできるかと思います。



2023年1月2日月曜日

プライマリケアでの「糖尿病教育」


Baker KM, Nassar CM, Baral N, Magee MF. The current diabetes education experience: Findings of a cross-sectional survey of adults with type 2 diabetes. Patient Educ Couns. 2022 Dec 22;108:107615. doi: 10.1016/j.pec.2022.107615. Epub ahead of print. PMID: 36584557.


プライマリケアセッティングで、成人二型糖尿病患者498人を調査し、「糖尿病教育」を受けた経験について調査しています。

「糖尿病教育を受けたことがある」と回答したのは全体の半数でした。

受けたことがあると回答した人のうち44%は、教育を1回しか受けていませんでした。

糖尿病教育の70%は1対1のセッションでした。栄養士からが68%、医師からが51%でした。「病気のときに糖尿病の薬についてどうするか」といった、日常生活とは関係のないトピックに関する教育を受けた経験は少ないことが分かりました。


この論文を読んで、糖尿病について多岐にわたる話し合いを患者をすべきですし、それを繰り返すことがよいのかなと思いました。

食事や運動についてももちろんですが、最近はSGLT-2iのように経口薬でもsick day ruleをしっかりしていないと重篤な有害事象を招く可能性のある薬もありますし、しっかり説明しなければいけませんね。

医師、看護師、栄養士、薬剤師のチームを作るのが理想的かなと思いますし、薬剤についてはパンフレットを作るのもいいかなと思いました。


2022年12月22日木曜日

高齢者は多剤服用を習慣として受け入れている


Adamson J, Hanson H, Todd A, Duncan R, Hanratty B, Robinson L. 

“No trouble at all” - medication work amongst nonagenarians: a qualitative study of the Newcastle 85+ cohort participants at 97

Br J Gen Pract 2022 Nov 22. DOI: https://doi.org/10.3399/BJGP.2022.0188


85歳以上の高齢者が、ポリファーマシーに対してどのように対応しているかを探る質的研究です。20名にインタビューしています。

興味深いことに、多くの場合、服薬の自己管理にはかなりの労力が必要にもかかわらず、高齢者自身はそれを問題視していませんでした。

服薬がルーチンとして習慣化されていて、食事や入浴と同じような経験となっています。


しかし、あたらな診断による投薬の変更や、ライフイベントの後など、これまでの安定状態が変化した場合には、服薬管理が途端に困難になることが分かりました。


服薬をしっかり自己管理できている高齢者って確かに多いよな、とおもいますし、しっかり薬を飲むことが習慣化されているという指摘はなるほどと思います。

ライブイベントや投薬変更時にサポートを注力するのがよさそうです。



2022年12月15日木曜日

在宅終末期ケアの質と関連する因子


ElMokhallalati Y, Chapman E, Relton SD, Bennett MI, Ziegler L.
What characterises good home-based end-of-life care: Analysis of 5-year data from a nationwide mortality follow-back survey in England
Br J Gen Pract 2022 Dec 13. DOI: https://doi.org/10.3399/BJGP.2022.0315

在宅医療における良質な終末期ケアの特徴を明らかにするために行われた研究です。
対象は、2011年から2015年に英国で登録された246,763人の死亡例のうち、110,311件の死亡追跡調査から抽出した,人生の最後の3か月間を自宅で過ごした63,598人です。

終末期ケアの質が高かったと親族が認識することに関連する因子は以下の通りでした。
・プライマリケアの良好な継続性があった
・緩和ケアを支援してくれた
・がん死亡、病院外で死亡

また、高齢であること、女性であること、社会経済的剥奪が最も少ない地域出身であること、白人であることが、ケアの質の高さと関連がありました。

以上より、質の高い在宅終末期ケアとして、プライマリケアの継続性の高さが重要な要因である可能性が示唆されました。
また、社会的に周縁化されている人々に公正で質の高いケアを提供する方略を考える必要性が示唆されました。

2022年11月20日日曜日

家庭医は患者の妊娠の半数に気づいていない。


論文紹介です。

これまでと違って、できるだけシンプルにまとめてみます。


General practitioners’ awareness of pregnancy: trends and association with hazardous medication use

https://doi.org/10.3399/BJGP.2022.0193


2004年から2020年にかけて、家庭医が患者の妊娠を把握していたか、妊娠患者に催奇形性のある高リスク薬剤を処方していたかを調べた研究


140,976件の妊娠のうち、家庭医の記録があったのは48%。

2004年では28%→2020年では63%と増加している。


妊娠の3%で、催奇形性のある高リスクの薬が処方されていた。

高リスク薬の初回処方で家庭医が妊娠を確認したのは13%。

妊娠が確認されていない場合、確認されている場合に比べ、ハイリスク薬処方の可能性が59%高い。


あらためて、ちゃんと質問しなければならないですね。




2022年11月13日日曜日

質的研究のResultsの書き方

 

とある雑誌に投稿した質的研究の論文が、major revisionで返ってきました。

コメントはとても好意的であり、特にIntroductionとDiscussionについてはかなり良い評価なのですが、

Resultsに関する指摘が多く

「この引用文が何を意味しているのか分からない」

「テーマと引用文との関連が分からない」

など、言語の壁を強く感じます。


今回は、テーマとサブテーマを表にして、対応する引用文を付記して、全体像を分かりやすくせよ、と言われました。

確かに、このような表を載せている論文は時折目にします。


以前投稿した別の質的研究の論文では、当初このような表を作っていたのですが、

査読者から、煩雑でわかりづらいといわれて、消去することになりました。


決まった作法があるわけではないので、難しいですね。


Resultsで展開されるテーマは質的研究の肝ですし、

引用文は分厚い記述のために必須なのですが、

今の英語力では、言いたいことを英語で十分に表現できていないのだと思います。


査読者のコメントをもらいつつ、ブラッシュアップしていくしかないです。



2022年11月1日火曜日

【雑記】「要さない」と「要しない」

 

最近はブログを更新する時間が取れず、ご無沙汰しております。


文章を書く機会が増え、日本語について考えることも多くなりました。


ある文書で、「特別な扱いは要ない」という表現をみました。

直観的には、「特別な扱いは要ない」のほうが自然なのでは、と思いましたが

元の表現も十分成り立つようにも感じ、調べてみました。


「要する」は「要」+「する」の複合動詞であり、活用は「する」と同じサ行変格活用です。

なので、「する」→「しない」と同じ活用で、「要する」→「要しない」が正しいことになります。


ここからが奥深いところです。

「漢字一字+する」の形の動詞で、サ行変格活用ではなく四段活用をする例が増えているようです。

例えば「愛する」。たしかに、「愛しない」も「愛さない」も自然に聞こえます。


これは、「漢字一字+する」を複合動詞ではなく一つの動詞ととらえる感覚になったからではないかと思いました。

「欲する」「発する」などもそうですね。


「漢字一字+する」ではない複合動詞を考えればより分かりやすくて、

「計算する」は「計算しない」としか言えませんし、「パーマする」も「パーマしない」としか言えません。

ですが、「愛する」は「愛しない」も「愛さない」もどちらも許容できます。


以下はわたし個人の考えです。

わたしは、「特別な扱いは要しない」と「特別な扱いは要さない」であれば、後者のほうがどちらかというと自然かなと感じました。

ですが、「特別な扱いを要しない」と「特別な扱いを要さない」であれば、微妙な差ですが、前者の自然さが強まったように感じます。

(とても細かな感覚の違いなので、そう思わないという人もたくさんいるでしょう。)


これは、副助詞「は」と格助詞「を」の働きの違いに端を発する違いなのでは、と思いました。

主題を示す副助詞「は」をつかうと、「は」の後で一度文章が途切れます。なので、その後の「要する」がひとまとまりに見えて、「要さない」がより自然に響くのではないでしょうか。

一方で、格助詞「を」をつかうと、「要する」という動作の対象が「特別な扱い」であるという関係性が示されるため、「AをBする」という分全体の構造がより明らかになり、「要する」が「要+する」と2つの要素に分かれやすくなり、「要しない」がより自然になるのではないか、と考えました。


議論の正しさはともかく、ちょっとした引っ掛かりからあれこれ考えることができ、満足しました。

お目汚し失礼しました。

次に更新するときは、もうちょっとまともな記事を書こうと思います。